ネットショップ
レシピ

コレステロールのお話

コレステロールのお話

コレステロールは全身の細胞膜、ホルモン(性ホルモン、ステロイドホルモンなど)やビタミンDの構成成分です。
また、食事の脂質やビタミンの吸収を手助けする胆汁酸の原料になります。
コレステロールは、「リポたんぱく」という形になって血液中を移動します。 「リポたんぱく」には「LDL(低密度リポたんぱく)」や「HDL(高密度リポたんぱく)」などいくつかの種類があります。

LDLコレステロール

LDLに含まれるコレステロールです。
コレステロールを肝臓から全身の血管に運ぶ、配達役です。

HDLコレステロール

コレステロールのお話

HDLに含まれるコレステロールです。 使われずに余ったコレステロールを肝臓に戻す、回収役です。

血液中のLDLコレステロールが多過ぎて血管にたまったり、HDLコレステロールが少な過ぎすると、血管がかたくなる動脈硬化が進み、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす可能性があります。
本来、私たちの体にとってどちらも必要なものですが、このような役割の違いからLDLコレステロールを「悪玉」、HDLコレステロールを「善玉」と呼ぶことがあります。

適切なコレステロールを維持するためには、食べ過ぎや偏った食事、運動不足などに気を付けて、食物繊維の多い食品(野菜類・きのこ類・海藻類など)や青背魚(さば、さんま、いわしなど)、大豆・大豆製品を積極的にとるように心がけましょう。

TOP