ネットショップ
レシピ

まいたけの栄養

まいたけの栄養

まいたけには健康の源になる栄養がたっぷり含まれています。
免疫力のキープや血糖値の上昇を穏やかにしたり、お腹の調子を整えて生活習慣病の予防にも役立ったり、健康効果が期待できる食材です。

免疫力の維持 ~風邪に負けない体をつくる~

まいたけの栄養

免疫とは、細菌やウイルスなどの病原体の侵入を防ぎ、撃退する防御システムこと。
まいたけには「α-グルカン」、「β-グルカン」が豊富に含まれ、インフルエンザウイルスにも効果があると言われています

お腹の調子を整える

食物繊維の摂取が少ないと便秘になるだけではなく、生活習慣病のリスクも高まります。まいたけに含まれる食物繊維は100g中3.5gと、さつま芋と同じ位豊富に含まれています。

血糖値の上昇を穏やかに

食物繊維には食後血糖の上昇を抑える効果があることは知られていますが、まいたけに含まれる「n-ヘキサン抽出物」、「α-グルカン」が血糖低下作用のカギを握る物質であることが分かってきたそうです。


*POINT
3月8日は“さばの日”
さばは脂肪酸が豊富で、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)がたっぷり含まれています。
DHAは不飽和脂肪酸の一種で、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールを増やします。脳や神経の機能を助け、活性化させる働きがあり、お子様にもおすすめです。
EPAは血液をサラサラにする働きや血管を柔らかくする効果があると言われています。ミネラルの一種であるセレンも含まれ、セレンの特徴は非常に高い抗酸化作用があることで、がん予防やアンチエイジングの効果が期待されています。

TOP