ネットショップ 全国通販ショップ
レシピ

【薬膳料理家監修】お体メンテナンス 免疫力を上げる季節の養生3月

【薬膳料理家監修】お体メンテナンス 免疫力を上げる季節の養生3月

春は冬の間にため込んでいた気のエネルギーを全身に巡らせ、
カラダの中の老廃物を外に出す季節です。
エネルギーの巡りが悪いと、自律神経の乱れを招きます。
イライラ感や頭痛、肩こりなどの症状も出てきます。
「ゆるめ上手」を心がけることがこの時期の養生のコツ。

食養生

韓国の定番料理・サムギョプサルは、厚切りにした豚の三枚肉を焼く韓国風焼肉。
サムは3、ギョプは層、サルは肉という意味です。
肉はタレに漬け込まず、焼いてから岩塩やごま油をつけ、サンチュなどで巻いて食べます。
気を巡らせて胃腸の働きを高める青じそや陳皮、ねぎを使って薬膳風にしています。
好きな野菜やキムチ、コチュジャンなどで自由にアレンジできるのも魅力ですね。
春は環境の変化などでストレスを受けやすく、「肝」に負担がかかりやすい季節。
香りの強い食材(セロリ、三つ葉など)や芽の食材(タラの芽、ふきのとうなど)は気を巡らせ、
胃腸の消化を促進。積極的にとりましょう。

お灸で養生

春の風が吹くころ、目の症状を訴える人が増えてきます。
目の疲れは頭痛や肩こり、ストレスの原因に。
春に働きが低下する「肝」は目を養うといわれ、
目に異常があれば「肝」の機能が低下していることがわかります。
目の疲れには、「肝」の働きを整える「太衝(たいしょう)」のツボへのお灸がおすすめです。

声に出して伝える養生

「大好きだよ」という言葉を声に出して伝えたことはありますか。
恋人はもちろん、家族や友人、身近な人に普段は口に出しにくい「大好きだよ」を伝えてみましょう。
びっくりされるかもしれませんが、よい思いは言葉にすることで、よいエネルギーを増強してくれます。
伝えた自分も伝えられた相手も、きっと心が温かくなりますよ。

薬膳メニュー

【薬膳料理家監修】お体メンテナンス 免疫力を上げる季節の養生3月

陳皮風味のサムギョプサル
爽やかな陳皮の香りは豚肉と相性抜群♪

ネットショップはこちら
TOP